八潮スモールライト委託品 インレタ 下記以外の既存他アイテムは、いまのところ預かっておりません(2019年5月現在) 価格は次回以降、変更の可能性あり
青山越
サンキューなど

2251,2300,2303,6661

戦後の矢羽根、なぜか本家シールなどは白羽根ですが実車は初期から銀羽根+白輪(初年度は小さい)
10000のみに使う逆傾斜と、一応は(輝度を失った褪色表現として)白羽根も収録
戦前2300の右書き指定室と手小荷物、戦後2303の帯上赤文字(銀帯一体版といずれか選択。
某挿絵で銀表現ができず水色印刷代替されたのを誤認し水色帯の模型も散見されますが、実車は銀帯)
かな号車札(実際には「1-6」「い〜へ」のみ使用)南大阪のデホユ帯など
2500
EXP矢羽根

2251

"サンキューほか"から矢羽根と号車札だけのシンプル版
1700
参関急旧紋 金銀白

2200 1 

窓下の金装飾+中央銀+焼き付け白。
1500
610-672,211用白N

hk

白文字。一時期の光沢銀は収録していません。
1200
澪標旧紋 金+白
アーチ部を焼き付け白としたもの。
1500
510全鋼 金+白
窓下飾り帯、紋の一部に焼き付け白
1500
民鉄検測荷物緑文字N

tk

黄色帯の中の抜き文字。3000系列など。
500
民鉄戦後イニシャル1白N 品切

tk

のち銀になりますが、これは白文字のころ。
800
民鉄戦後イニシャル1黒N 品切

tk

車体が銀色塗装に赤帯だったころの文字。
800
民鉄デト3014/3015白N

tk

700
高野2000緑文字N 品切

nk

ナンバー4連の1〜3編成。
600
高野2000帯N 品切

nk

濃淡帯2色刷り。
3500
西
8011〜8066用銀N

ni

光沢銀文字。数字は枠なし。形式自重定員標記は妻面の片側のみ。VVVFのマークはこの系列には使わず。
900
1001〜1308用銀N品切

ni

3桁数字の幅に1を追加した特殊間隔の枠つき文字板の再現。光沢銀文字。
1100
2011〜2066用銀N

ni

4桁幅板のスケールサイズ(市販完成品のものは小さすぎ)枠つき文字板の再現。光沢銀文字。
1100
バラ数字白N
品切
kh

数字1が入ると並び間隔が複雑に図指定されていますが、湖畔の前115o側140oのバラ数字。
光沢銀は別途予定とのこと
500
16貴賓車
中央窓下の紋+装飾、前面窓下左右の番号。
500
732HIEI 品切
窓下細帯、装飾など。白と金の2色刷
1500
2001-16,2101-16,2201-16用白N

hs

7001-7018の改造後6連用。
1000
7001-7018用白N

hs

当初から冷房車。
1000
7840+7940用白N

hs

7001-7018と同系の偶数ユニット。
500
3011〜3053用銀N

hs

貫通改造前の2枚窓前面用、光沢銀。
1100
7801-17,7901-17用白N
品切


hs

片開扉、裾直、切妻のR車7801,7901のうち前半番号分。
1000
7818-34,7918-34用白N

hs

片開扉、裾直、切妻のR車7801,7901のうち後半番号分(7922のみ裾丸。もと3021)
1000
7835-39,7935-39用白N

hs

両開扉、折妻、裾曲。当初ファンデリア。
500
5001-32用白N

hs

5001,02は二代目。ジェット改の冷房更新、両開扉、裾丸、連窓、折妻。
1000
5101-10
5203-20用白N
品切


hs

銀色用は含みません。ジェットブルー用。両開扉で連窓、両運と片運。
1000
5131-44
5331-40用白N
品切

当初から冷房車、青。
1000
3301-04
3501-20用白N

hs

片開扉、裾丸、連窓用。
1000
3601-10,3701-10
7601-10,7701-10用白N

hs

片開扉、裾丸、連窓の2連。非冷房時代と、その後の冷改と制御更新改番。
1200
7861-68,7961-68
7870-73用白N

hs

片開扉、裾直、切妻のR車7801と同系の2連。
末尾65,67は収録されていますが用いません(66,68の偶数ユニットのみ)。
900
201,202,110,155用白N

hs

事業用。
500
3521-32
3001-12,3101-12,3201-12用白N

hs

片開扉、裾直、切妻のR車の増結用と、更新。
1200
3061-66,3561-68用白N

hs

もと3011
900
3801-06,3901-06
8701-02,8801-02,8901-02
7890,7990用白N

hs

当初から冷房車、その後の更新の番号と共に。
1000
5231-54用白N

hs

両開扉、裾丸、連窓、折妻の青。
900
5261-74
5311-14
5151,5152用白N

hs

裾直、連窓、切妻の青(5151,52だけ裾丸、折妻)
900
8001-02,8101-02,8201-02
8011-16,8111-16,8211-16用白N

hs

赤胴色用
1000
8001-02,8101-02,8201-02
8011-16,8111-16,8211-16用グレーN

hs

塗装変更後ですが版下は白用と共通のため、グレーでは本来使わないものも含みます(震災廃車や改番など)
1000
8017-32,8117-32,6,8217-32
(8502,8523)用白N

hs

赤胴色用
1300
8016-32,8116-32,6,8216-32
(8502,8523)用グレーN

hs

塗装変更後ですが版下は白用と共通のため、グレーでは本来使わないものも含みます(震災廃車や改番など)
1300
8033-50,8133-50,8233-50
(8536,8336)用白N

hs

赤胴色用
1300
8033-50,8133-50,8233-50
(8536,8336)用グレーN

hs

塗装変更後ですが版下は白用と共通のため、グレーでは本来使わないものも含みます(震災廃車や改番など)
1300
9001-10,9101-10,9201-10用白N

hs

登場時の側面は白?に見えるので(前面は白のまま不変)白単色で作成
1300
9001-10,9101-10,9201-10用白+灰

hs

前面は白。サイドは光沢銀と思っていましたが、諸兄にグレーとご教示いただき修正。
未着
9301-06,9401-06,9501-16用銀N

hs

光沢銀(妻面も)
1300
5501-18,5601-18
5551,5651,5652,5662用銀N

hs

光沢銀(妻面も)
1700
5701-10,5801-10用白+銀N

hs

前面は光沢銀、側面は白(アルマイト色ではなく白として作成)連結面も白
1300
新1001-07,新1101-07,1201-07,1301-07,1051-57,1251-57用白+銀N

hs

6連用、収録数が多いので分割(次数に無関係)。前面は光沢銀、側面は白(アルマイト色ではなく白として作成)連結面も白
1300
新1008-13,新1108-13,1208-13,1308-13,1058-63,1258-63用白+銀N

hs

前面は光沢銀、側面は白(アルマイト色ではなく白として作成)連結面も白
1300
1501-09,1601-09用白+銀N

hs

2連用。前面は光沢銀、側面は白(アルマイト色ではなく白として作成)連結面も白
1300