Nゲージガレージ素材りすと
鉄道模型の金属キット工作経験者向け
2019.10.05現在
ショッピングカートは、このページにおいての残数連動はさせておりませんので、入力できない場合は品切の可能性があります。ご了承ください。

毎年1月のナンバープレート特注は、別欄をご参照ください。

焼付塗装+表面研ぎ出し+防錆クリア(バーニッシュ)処理まで終えた、ツナギ無し仕様です。
裏紙から簡単に剥がせます。(台紙からの剥離に、シンナーに浸ける必要がありません)
車体の収納などで手が触れてしまい、いつのまにか表面の金色(塗装やホットスタンプなど)が剥がれる、という心配はせずに済みます。
防錆クリアを吹いているので、金色のくすみもほぼ無し(保管条件にもよります)

エポキシ系接着剤、ゴム系接着剤、両面テープ(ガイアノーツ社の超極細両面テープ)などで車体に固定してください。
(ベース車体にプラ部品ハメ込みのために「大きく凹みがあるもの」は、いったんその凹みをプラ板などで埋めてから
 エッチング板を固定するようにしてください)

初版、AA6000様式(形式入り)の「形式」はかろうじて残るも、そのあとの小さい記号数字が再現限界を超えてしまって今回消えているものがあり
次回以降、記号数字を丸点表現に簡素化する見込みです。AD66180、AD66398様式はとくに問題はありません。
以上あらかじめご承知おきください。

この色が先行品 これは次回生産分
在庫僅少


塗装済C10ナンバープレート+C12民鉄



真鍮t0.2、AA6000で1〜23、AD66398で1,3,8,12,14,17,22,23
島原C1201〜06と円形紋、片上C12-201,202と円形紋
日鉱高松1203(日鉱は前面用のみ,側面背面は島原流用)
川崎,汽車,日車,三菱の銘板。


1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートA


真鍮t0.2、AD66398図で1〜11,13〜37号機、AD66180図で2,12,30(12号機はAD66398なし)
AA6000図で15,31号機を収録。製造銘板4種と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)
AD66180の2号機は関東民鉄の同系車に流用可(15号機は戦後、前面のみAA6000)


1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートB


真鍮t0.2、AD66398図で38〜69号機(68のみ文字間隔特殊)、AA6000図で44,48,57,64号機を収録。
製造銘板4種付属(64号機は戦後前面だけAA6000、44,48,57号機は戦後背面だけAA6000)


1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートC


真鍮t0.2、AD66398図で70〜103号機、AA6000図で73,93,96,103号機を収録。
製造銘板4種と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)
73,96,103号機は戦後前面のみAA6000(96,103は各2枚だけ含みます)


1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートD


真鍮t0.2、AD66398図で104〜134号機、AA6000図で104,105,106,110号機を収録。
製造銘板4種と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)
104-106号機は戦後前面のみ、110号機は戦後背面のみAA6000


1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートE


真鍮t0.2、AD66398図で135〜172号機、AA6000図で165号機を収録。
製造銘板4種と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)戦後165号機は4面ともAD66398


1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートF


真鍮t0.2、AD66398図で173〜208号機を収録。
製造銘板4種と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)
小さい銘板と、ノーマルサイズ銘板を含みます
保存機200は現状ナンバーの文字間隔が変化していますが、現役時代のAD66398正調で収録


1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートG


真鍮t0.2、AD66398図で209〜243号機を収録。
小さい製造銘板3種と換算表記付属(どちらもほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートH


真鍮t0.2、AD66398図で244〜278号機を収録。
小さい製造銘板3種と換算表記付属(どちらもほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートJ


真鍮t0.2、AD66398図で279〜313号機を収録。
小さい製造銘板3種と換算表記付属(どちらもほぼ見えません)


< 1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートK


真鍮t0.2、AD66398図で314〜348号機を収録。
小さい製造銘板3種と換算表記付属(どちらもほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートL


真鍮t0.2、AD66398図で349〜381号機を収録。
小さい製造銘板3種と換算表記付属(どちらもほぼ見えません) 社型「ひえい(形式C11)」「ひら(形式C11)」の仮名プレートと、三井C11-4ハイフン入り


1500+税
在庫僅少


塗装済C11ナンバープレートM


真鍮t0.2、静態保存機などの抜粋。主にAD66398図。上記A〜Lと重複しますが
少量配備の方はこちらを。楕円銘板と小さい製造銘板、換算表記付属(ほぼ見えません)
162,171,176,177,179,190,192,196,197,200,207,227,257,294,311,312,325,349 オマケで片上C11-101,102,103と円形紋


1300+税
在庫僅少


塗装済C12ナンバープレートAB


真鍮t0.2、AD66398で2,46,51,55,64,66,67,74,88,164,167,208,225,231,241,244
5,6,29,38,49,60,69,163,171,199,222,230,259,280,287 167は現役時代のノーマルと後年の文字詰めの2種を収録。
AA6000=94,168(泰緬転出),AD66180=46,85 
前面だけAA6000で側面背面AD66398=38,93,164,55,187
大井川121(文字間広)と大井川紋,文字間隔イレギュラーの雄別C12_56
川崎,汽車,日車,三菱の銘板。


1500+税
在庫僅少
塗装済C50ナンバープレートA


真鍮t0.2、AA6000図の形式入りとAD66398図のもの(少しだけAD66180図あり)。5社銘板と右書「造製崎川」ドーム表示などを収録


1000+税
品切


塗装済C56ナンバープレートA


以下の全種(各4枚)収録で1セット。t0.2真鍮材
雄別1001形式入、樺太164号機(AD66180様式)、AA6600戦前形式入のみ=7,31号機
AA6600戦前形式入とAD66398戦後様式=44,91,111,123,125,153号機(前面のみ形式入、または時代差表現のため2種収録)
AD66398様式=92,94,98,100,101,107,115,128,129,131,136,139,144,149,150,159,160号機


1500+税 
品切


塗装済C57ナンバープレートA


真鍮t0.2、AD66398図で1〜27,29号機、AD66180図で28,30(2号機は廃車早く未確認)
AA6000図で1,5,15,20,21,32を収録(15は側面のみ、5,20,21は前面のみ。32号機の側面用AD66398はBに収録)。
なお19号機の保存機は現状特殊(数字1の箇所が他の数字と同じ場合の木型で代用と推定)なので
現役末期と保存と2種収録。5号機は現役末期に部品盗難?なのかAD66180様になり保存車もこの状ゆえ
3種とも収録(大きさがAD66398の文字等間隔イレギュラーの可能性があるも保存車実測できていません)
製造銘板3種(汽車、川崎、三菱)と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)
*テンダー背面は未確認の個体が多く、九州では形式入りAA6000を残した例も多いのですが妥協しています。


1500+税
在庫僅少


塗装済C57ナンバープレートB


真鍮t0.2、AD66398図で31,32,35,37,38,41〜44,47〜51,53〜59,61,62号機
AD66180図で33,34,36,39,41,45,46,52,60(57号機背面はAD66180のように見えますが未収録)
AA6000図で34,47,49,54,55,59を収録(これらは末期前面のみAA6000だった模様。32号機用はAに収録)。
なお44号機は現役時代からCの文字位置が中央寄せの変形配置なので、そのように作成。
34号機はAA6000とAD66180の時代どちらも多く写真が残されているので、どちらも収録
製造銘板3種(日立8-12年型、川崎、三菱)と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)
*テンダー背面は未確認の個体が多く、九州では形式入りAA6000を残した例も多いのですが妥協しています。


1500+税
在庫僅少


塗装済C57ナンバープレートC


真鍮t0.2、AD66398図で63,65〜76,78,79,82〜91号機
AD66180図で64,77,80,81,90(73,74号機は廃車が早く未確認。63,90号機も側面や背面は未確認)
AA6000図で63,68〜72,75を収録(これらは末期前面のみAA6000だった模様、69号機は末期前面AD66398に変更)。
87号機はAD66180とAD66398の時代どちらも多く写真が残されているので、どちらも収録
製造銘板3種(日立13年以降型、川崎、三菱)と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)
*テンダー背面は未確認の個体が多く、九州では形式入りAA6000を残した例も多いのですが妥協しています。


1500+税
在庫僅少


塗装済C57ナンバープレートD


真鍮t0.2、AD66398図で92,93,95,96,98〜101,103〜107,109〜112,115〜119,122〜124号機
AD66180図で94,97,102,108,113,114,120,121(99,106,115号機は廃車が早く未確認)
100は数に1と0の間隔がイレギュラー配置なので、そのようにしてあります
製造銘板3種(日立13年以降型、川崎、三菱)と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)
*テンダー背面は未確認の個体が多く、九州ではAD66180を残した例も多いのですが妥協しています。


1500+税
在庫僅少


塗装済C57ナンバープレートE


真鍮t0.2、AD66398図で125〜137,140〜144,147,148,150〜153号機
密閉型タブレットキャッチャ取付のキャブ側面だけイレギュラーAD66398短板で135,138,142号機
AD66180図で138,138,139,145,146,149(131,132,136,143号機は廃車が早く未確認)
製造銘板2種(川崎、三菱)と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)
*テンダー背面は未確認の個体が多く、九州ではAD66180を残した例も多いのですが妥協しています。


1500+税
在庫僅少


塗装済C57ナンバープレートF


真鍮t0.2、AD66398図で154〜159,161,164,166〜169,178,180〜182号機
密閉型タブレットキャッチャ取付のキャブ側面だけイレギュラーAD66398短板で157号機
(ただし157号機は背面のものなのかAD66180サイズが確認されていて、AD66398短板なのか未確定)
AD66180図で160,165,170〜177,179,183(162号機は廃車が早く未確認)
168号機はCの文字位置が中央寄せの変形配置なので、そのように作成。
175号機は背面だけAD66398なので2種収録。171号機は特殊(数字1の箇所が他の数字と同じ場合の木型で代用)
製造銘板2種(川崎、三菱)と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)
*テンダー背面は未確認の個体が多く、九州ではAD66180を残した例も多いのですが妥協しています。
AD66180の180号機用も作るべきかはお声次第で検討します


1500+税
在庫僅少


塗装済C57ナンバープレートG


真鍮t0.2、AD66398図で186〜190号機、AD66398短板で157号機
密閉型タブレットキャッチャ取付のキャブ側面だけイレギュラーAD66398短板(保存機は前面AD66180にも見える)
200&201号機の特殊な「前に文字が詰まり末尾が間隔広い」AD66398亜種
AD66180図で184〜186,190〜199(190は前面だけAD66398)
191号機は特殊(数字1の箇所が他の数字と同じ場合の木型で代用と推定)なので、そのように作成。
製造銘板(三菱)と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)
*テンダー背面は未確認の個体が多く、九州ではAD66180を残した例も多いのですが妥協しています。


1000+税
在庫僅少


塗装済C59戦後ナンバープレートA


真鍮t0.2。AD66180は102,106,114,119,123,161(S42年),162(S42年),164,166,172,176,178,183,192,194
AD66398は108,124,196,161(S44年),162(S45年)。 オマケでC60の101,104,107を収録(C60はいずれもAD66398)


1000+税 
在庫僅少


塗装済道内機+炭鉱
+C61,58ナンバープレート


(C61は別アイテムもご参照ください)
真鍮t0.2。C62_2の文字Cの縦が直線的なタイプと、制式図のフォントとなっているものを作りわけ(時代で装備差)
そのほか、9600のうち文字等間隔としたナンバーと、制式図を杓子定規に解釈して数字間が開いているタイプ等
C62_2,3,32,44、C55_1,16,30,47,50、C11_ 65,133,171,176,207,209,224
6_96_44、6_96_66、59604、39602、69620、テンダー形式板、換算表記板
炭鉱用に、四角い枠に収まった1、2桁の社線用。隅丸ゴシック1,2,3,4,5,6,
ローマン10,12,14,25,No2,No3,形式入ローマン6,15,17,23,165,210,524,608,913,4122,4129
円形1,2,3,形式入円形4122,4129,913
AD66398様式の郡山木型C58239、AA6000のC581,363
枠がAD66398で文字AD66180のC614,13、文字間隔イレギュラーのC6120を収録


1500+税
在庫僅少


塗装済C60ナンバープレート


真鍮t0.2、AD66398図で1-39号機。13-17号機の短いイレギュラーも再現。
100番台は別アイテムをご参照ください(C54などに収録)
製造銘板と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済C61ナンバープレート


真鍮t0.2、AD66398図で1-33号機。2-16は文字だけ230mmのイレギュラー
(2号機のみ保存の際に正規パターンに差し替えたので両方収録)
7号機の数字7の変形や、17-21の間延び(数字1を他と同じ幅の中心等間隔配置)も再現。
   製造銘板と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済C62ナンバープレートA


真鍮t0.2、AD66398図で1-36号機。Nでは判りにくいですが1,2号機は一時期の鷹取系も収録
(左上から2個がそれ)
   製造銘板と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済C62ナンバープレートB+D62


真鍮t0.2、AD66398図で37-49号機の汽車製と、D62の1-20号機を収録。
   製造銘板と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済C55ナンバープレートA


真鍮t0.2、AD66398図で1-14,16,18-33号機、AD66180の15,17号機
末期は前面のみAA6000だった23,25号機も収録。20,22は鷹取系にしてみました
製造銘板と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済C55ナンバープレートB+E10


真鍮t0.2、AD66398図で34-40,42-57,59-62号機、AD66180の41,58号機
末期は前面のみAA6000だった34,60号機も収録。
   製造銘板と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済D60ナンバープレートA


真鍮t0.2、AD66398図で1-39号機。
   製造銘板と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済D60ナンバープレートB


真鍮t0.2、AD66398図で40-78号機。
   製造銘板と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済C54+C60100+D61ナンバープレート


真鍮t0.2、AA6000図でC541-4,7,9,13,14,16、AD66398図で5,6,8,10-12,15,17
8,11,15は鷹取系にしてあります。
C60はAD66398で101-108号機、D61もAD66398で1-6号機。
製造銘板と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済C52+B20+C63ナンバープレート


真鍮t0.2、AC6425図で8200-8205、AA6000図でC521-6。
B20は当初ペンキ書きでしたが戦後鋳込まれたものの抜粋で
1号機は前面だけ文字等間隔の時期あり両方収録。2号機もAD66180?も収録
C63は当然ながら架空番号です。
アルコ等の製造銘板と換算表記付属(換算表記はほぼ見えません)


1500+税
在庫僅少


塗装済 砲金区名札(N)


真鍮t0.2、枠ごと固定で鋳込まれた九州南部独特のもの。
吉、都、宮、延、人(人のみ毛書体)、出、鹿、志の8種、各8(=各4機分)



800+税