在庫確認と発送の遅延について
次回発送休止7/10〜7/17ごろまで
ご迷惑をおかけいたしますことをお詫びいたします

迷惑メールが「注文書」など偽装タイトルで添付ファイル送信事例が増えております。
 事前にお知らせの無い添付ファイルは、サーバー上で抹消する設定をしておりますので、ご留意ください。

2月1日から レジスト膜、製版フィルムなどの原料25〜30%値上となるため、
拙作でも全般における価格変更と、再生産頻度の見直し
を予定しています。

従来より下請をしておりました塗装組立品ですが、小売店さんの都合により今後、直接承ります。
(特製完成品とは言い難い素組。精密加工品は他の凄腕フィニッシャーさんへどうぞ)
ハンダ付け作業のみ(オデコのパテ盛り無し)でも承ります。ご相談ください。
キャッシュレス・消費者還元事業は6月末で終了となりました。
7月は例年、催事参加や雑談会があるも時節柄厳しく、代替として
7月1日〜30日の期間内で、お1人さま1回発送に限り送料サービス
 (ただし「以前お尋ね頂くも注文確定せず」再注文の際は送料加算)
 (期限内の決済もしくは振込の条件)
7月以降予定
弘南51、日立51、加太52タイプ、新潟17/18五枚窓,クハ38
尾道15,21延長後,31,35中期,45,61,61末期引戸,71
再生産予定:
ED33_1(ナンバープレート待ち)、嵯峨野トロッコ更新(SK300SUS板とデカール待ち)

6/15
■新製品
奈良線605前パンタ片運600V、604後パンタ片運600V、サ502(乗務員扉撤去)
633前パンタ片運600V、634後パンタ片運600V、サ505-514(551-554乗務員扉撤去)
(奈良線604、502は初版のあと追加生産は仕様変更606、503=2列通風器)
■再生産
雨宮H-2台車側面、あわ号4連(次回再生産から価格変更)
6/7
■新製品
尼崎152、近江ワフ(8妻面通風残=無しも可)
北恵那インレタ、荒尾市電インレタ、広島高床インレタ
十和田3800ナンバーインレタ、京福福井2100/2200インレタ、水間インレタA(戦後),B(500)
■再生産
京福福井臙脂インレタ、京福福井白インレタ、セム1インレタB,C
6/6
■新製品
荒尾市17、水間106(荒尾市101),55初代(尾道25),1(二代目)
南海クハ1819,1820、田原本/生駒ク306/306昇圧(旧奈良電クハボ600縦樋撤去)
北陸モハ1201,モハ1301(前面外板の雨樋高さ0.2mm修正は7月上旬ごろ郵送予定)
北陸モハ3051,クハ1101,モハ611(サハ701)
■再生産
奈良線サ556-559(乗務員扉撤去後)、南海1055両運時代,1057
5/25
■新製品
奈良線646日車片運化(600V),654近車片運化(600V),サ556-9(乗務員扉撤去後)
京福丸岡ホデハ112末期
簡易半鋼1031末期扉拡幅(戸袋窓広),2026(電動車時代タラップあり前面窓2段)
■再生産
御堂筋100原形、簡易半鋼1063(2代目扉拡幅)、奈良線655近車片運化(600V)

5/3
■新製品
ED33_1/2611(PS13)、ED33_2/2612(PS14)、ED29払下中期
岳南ED30(1パンタ時代)、御堂筋1000A、1000B、1100
■再生産
北陸旧型車ナンバーインレタ、琴電ナンバーインレタ白黒銀
別府鉄道インレタ、常総筑波ナンバーインレタ
4/30
■新製品
常総キハ83中期(縦樋無,裾低)、京福丸岡ホデハ111
雨宮H-1台車側面、ブリル77E-1タイプ側面、上田3310末期雨樋下
■再生産
北恵那561、上田2340、ミャンマー3扉DC側板、東洋軸箱式台車側面、手すり4.0+5.33
■委託品(再生産)
hs5001-、hs5101-、hs5131-インレタ
4/24
■再生産
小型ガラベン(入数と価格変更)、ガイコツ型テールライト(価格変更)
3/30
■委託品(再生産)
hk610-、hs7001-、hs7801-、hs7818-インレタ

現在頂いているインレタ宿題:宮地岳白黒、伊予白黒銀、東濃、羽後、野上
(再生産)南大阪6601、510&900金文字、津軽、RED EXP.

お詫びとフォロー:

中村線TKT8000、8011の帯デカールの側面長さが短く、2019年7月頒布分をお持ちの場合はお知らせください
(フォローデカールには側面帯だけを収録。若干色合いが異なります)

大阪線モ1001,1002,1003,1006,1202,1203,1303,1306,1315妻面内板のテールライト穴を原形から
上に移設するのを一部で失念しておりました。ご面倒をおかけしますが小穴を穿つか、または
テールライト部品の取付脚を切断して取付してください。

伊予130(131,133,135F)は塗装変更後入線なので、3本朱帯の時代はありません
(社紋とナンバーの位置も変更)。お客様からご教示いただきました(ありがとうございます)

笠原キハ502で通風器の減数改造を失念しておりました(お客様のご教示に感謝)。
 生産3個、お手数ですが不要穴は埋めてください。

大井川311+511、説明書に「雨樋も赤」と記述しておりますが、ご存じのように
雨樋は赤くありません(アイボリー)

いもむし原形、説明書に「最初は濃淡緑(復活塗装と同じ)」と書洩らしました。
この時期はウインドシルも濃色(ただし戦後ガラス不足時代はシルも淡色。のちのピンク+マルーンでもシルは窓上と同じ淡色)。

神戸300の3扉化、グレー+サーモンピンク色時代は裾の朱が入らないまま新塗装に移行したと
お客様からご教示いただきました(ありがとうございます)。

以上、お詫びして訂正させていただきます。

重要:返送される場合のお願い:梱包時には必ず、緩衝材を入れてください。
 現状公差よりもシビアな寸法をご希望の場合は、精度に応じた製法コストでの別途お見積りとなります

大多数のお客様には無関係ですが、2015年4月8日に発生した事案に該当する方のみお読みください