発送休止中〜2/24ごろまで在庫確認と発送ができません
docomoドメインからお尋ね頂く場合、受信指定解除などご確認ください。(かなりの割合で返信できず)
 お名前もご住所も不明ですと郵送フォローができません。
迷惑メールが「注文書」など偽装タイトルで添付ファイル送信事例が増えております。
 事前にお知らせの無い添付ファイルは、サーバー上で抹消する設定をしておりますので、ご留意ください。


重要:返送される場合のお願い:梱包時には必ず、緩衝材を入れてください。
 現状公差よりもシビアな寸法をご希望の場合は、精度に応じた製法コストでの別途お見積りとなります

2/23(土曜)いろいろ製作所さん主催の即売会に参加させていただく予定です。
下記(翌日)と同じ新作内容(間に合うかは不明ですが)。搬入リクエスト締切

2/24(日曜):名駅新幹線口から徒歩5分ほど
 カネジュ―ビル3F第2会議室 仕込中

名古屋線6252,6254,6257,6258ランボードと、長野ED5000手すり+ハシゴができました。
1月中にお求めいただいた分は、ご連絡いただいたお客様へ郵送開始しております。
ナンバープレート特注締切
今期から仕様変更(黒焼付塗装+研ぎ出し+防錆クリア+ツナギなし)
2月下旬〜3月に納品予定です。お申込みいただいた方は納品までもうしばらくお待ちください。
2/5
■新製品
名古屋線6258中期,6252ノーシル両運,6254ノーシル片運,6257張上雨樋
参急デニ2000
、日立2210中期,末期
富山市内線7000冷改パーツ(ホワイトメタル鋳造:前面+クーラー+インバータ)
■再生産
日立クハ6310中期,末期、大井川303+503、南大阪5612+5613片運
山陽クト60,クモト3、広島1050,1091+1092、大阪線1203両開扉,1003末期
神戸204原形,206貫通,207貫通、日立6310中期,末期、神宝320、琴電23通風器撤去
2/1
■新製品
長野ED5001、ナハフ21幌座(スケール高さ&短縮版)
■再生産
手すり中心間0.5、0.66、0.8、1.0、1.2、5.0&8.0、3780+2780末期
■委託品
(再生産)セミラウンドサンセリフ1銀N、16、モダンローマン銀16
1/25
■新製品
鶴舞線ナンバーインレタ1次、2次、3/4次、鶴舞線幕インレタ
■再生産
鶴舞線3000系1次4両、2次4両、3次4両、神岡KM101、酒蔵ロゴインレタ
1/21
■新製品
相模キハ1,101、越生キハ1、日立クハ6310中期,末期
南大阪5612デイ甲,5612+5613片運
,5607改、養老5631末期
■再生産
全鋼Tc510(再)、ガイコツ型テールライト、片側押込通風器、東西線5000初期通風器
前照灯D、民鉄ガラベン(叡山813大型インバータ再生産できました)
現在頂いているインレタ宿題:デト3014白、田口線白黒、長野ED5000白、山陽旧型白、庄内白黒、山形白銀、宮地岳白黒、伊予白黒銀
(再生産)京福福井臙脂、南大阪6601,6411、あわなるとこうや白銀

製版フィルム出力業者の撤退と、集約による価格上昇の為、2018年夏以降[再生産]については
初版と異なる価格設定を検討しております。
中長期的には(露光で製版フィルムを用いる)インレタ生産にも影響の可能性。
お詫びとフォロー:

大阪線モ1001,1002,1003,1006,1202,1203,1303,1306,1315妻面内板のテールライト穴を原形から
上に移設するのを一部で失念しておりました。ご面倒をおかけしますが小穴を穿つか、または
テールライト部品の取付脚を切断して取付してください。

以下の不足部品ができております。2017年のJNMAフェスティバルでお買い求めいただいた方はお知らせください。
東信貴9のパンタ下の板不足分

笠原キハ502で通風器の減数改造を失念しておりました(お客様のご教示に感謝)。
 生産3個、お手数ですが不要穴は埋めてください。

旧三河モ3001末期で、前面内板の窓位置(外周を除く全部、というほうが早い)がちょうど1mm高くなってしまっております
(試作1枚だけ正常で、これ以外の頒布分が全部対象〜10個にも満たないのですが)
お心当たりの方はお知らせください。フォローパーツを郵送いたします。

琴電67でドア窓Hゴム部のパーツが不足のため、2枚分だけを別材で作成添付しておりますが
これを封入していないものがあるようです。お心当たりの方はお知らせください(郵送します)。

大井川311+511、説明書に「雨樋も赤」と記述しておりますが、ご存じのように
雨樋は赤くありません(アイボリー)

いもむし原形、説明書に「最初は濃淡緑(復活塗装と同じ)」と書洩らしました。
この時期はウインドシルも濃色(ただし戦後ガラス不足時代はシルも淡色。のちのピンク+マルーンでもシルは窓上と同じ淡色)。

神戸300の3扉化、グレー+サーモンピンク色時代は裾の朱が入らないまま新塗装に移行したと
お客様からご教示いただきました(ありがとうございます)。

以上、お詫びして訂正させていただきます。

大多数のお客様には無関係ですが、2015年4月8日に発生した事案に該当する方のみお読みください